エアコンレンタル、空調設備工事、エアコン修理・洗浄、
メンテナンスならダイト空調工業にお任せ下さい

お電話でのお問合せはこちら!
空調設備工事協力会社様募集
MITSUBISHI ELECTRIC
DAIKIN
三菱重工冷熱株式会社
HITACHI
ピースガード
ダイキン認定 販売施工店
DITマーケティングサービス株式会社

熱中症対策はレンタルエアコンで!

現在、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、「新しい生活様式」として、マスクの着用が求められています。これから、夏を迎えるにあたり例年よりもいっそう熱中症に注意する必要がありますが、マスクを着用していない場合と比べると体感温度が上昇するなど、大人でも身体に負担がかかることがあります。

高温多湿となる夏のマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるため、熱中症予防のためにはエアコンの活用が有効です。

ダイト空調工業では1日からのレンタルエアコンをご提供しており、小・中・高校の各種教室や体育館への設置実績があります。設置後もメンテナンスは迅速対応いたしますので安心してお任せください。

今年の夏はレンタルエアコンで「熱中症予防」「集中力向上」を!!

エアコン新設時の初期投資にお悩みの方、今年の暑さをしのぎたい方、お客さまの様々なお悩みを豊富な知識を持ったプロ集団が解決いたしますので、お気軽にご相談ください。

40年の経験を持つレンタルエアコンのパイオニアとして、お客様が快適に生活できる環境づくりをお手伝いいたします。


施工事例のご紹介

ダイト空調工業でエアコン取付を設置されたお客様の施工事例をご紹介いたします。

九州から東北まで、お客様のご都合にあわせて1日からレンタルできるエアコンをご提供しております。

施工事例1

    お問い合わせ内容:エアコンがない部屋に一時的にエアコンを設置したい。

    レンタル期間:3ヶ月程度

    部屋の広さ:30㎡程度

    施工内容:一時的な設置のため、建物を傷つけにくい床置き型エアコンをご提案。また、簡単な施工のため低価格でのご案内を実現。

    ※ 床置き型エアコンはスリムなデザインが特徴で圧迫感を感じないため、コーナー等のスペースを無駄なく使用したい場所に最適です。また、スイングするため部屋のすみずみまで快適な環境を保ちます。

施工事例2

   お問い合わせ内容:既設のエアコンが壊れ、修理に時間がかかるため修理完了までエアコンをレンタルしたい。

   レンタル期間:1.5ヶ月

   部屋の広さ:50㎡程度

   施工内容:既設のエアコンを修理する予定のため「費用を押さえたい」というご要望があり、現地の設備を再利用することで低価格でのレンタルを実現。

   ※ レンタル中の契約期間の延長も柔軟に対応いたします。

施工事例3

   お問い合わせ内容:夏の暑い時期だけエアコンをレンタルしたい。

   レンタル期間:3ヶ月

   部屋の広さ:45㎡程度

   施工内容:壁掛け型エアコンをご提案。電気の容量が足りないためエアコンの電源は発電機を利用。

   ※ 発電機は軽油で稼働するためお客様にて給油作業が必要となります。

 

新型コロナウィルスとエアコンの使用

これからの季節、新型コロナウィルスの影響で「窓を閉めてエアコンをつけると"密になる"ことが心配」という方や、「エアコンをつけた後は換気をすると温度が上がるためは換気はしたくない」という方もいらっしゃるかもしれません。

エアコンの使用が新型コロナウィルスにどれほどの影響を与えるのか、どれぐらい換気をすれば感染リスクを抑えられるのか、明確には定義されていませんが、健康で快適な生活を送るために、今年の夏はいつも以上に「上手な換気」を心がけてはいかがでしょうか。

エアコンで換気はできません

室内に設置されている「エアコン」と、外に設置されている「室外機」で空気を入れ替えていると思われがちですが、エアコンは室内の空気を吸い込み、その空気を冷たくした後に室内に戻すことで快適な環境をつくります。

エアコンをつけているだけでは室内の空気と外の空気を入れ換えてはいないため、べつの方法で換気をする必要があります。

空気の通り道を作りましょう

窓を開けて換気するときの時間と回数の目安は「1時間に10分程度」と言われていますが、1時間に10分の換気を1回するよりも「1時間に5分の換気を2回」する方が換気の効果は大きくなります。できるだけ、回数を多く換気をすると効果的です。

窓を開けて換気をする時は、1か所の窓だけでなく、2カ所の窓やドアを開けることで空気の通り道ができて効率的な換気ができます。窓から風が入る場合は、窓を開けましょう。2つの窓は対角線上にあるとさらに効率的です。

窓がない部屋の場合は、扇風機やサーキュレータなどを置いて部屋の外か中に空気が流れるようにしましょう。

 

参考サイト

ダイキンWEBサイト:上手な換気の方法~オフィス・店舗編~